アダラートとお薬辞書

アテローム性動脈硬化はアダラートとカリウムで

アダラートは高血圧の治療薬として古くから用いられているものであり、カルシウム拮抗薬として強力な降圧作用を有しています。降圧治療を行うというのは高血圧の治療において基本となるものであり、それによってアテローム性動脈硬化の予防を行っていくことが可能です。高血圧患者は脂質異常症や糖尿病を併発することも多く、これらが合わさってアテローム性動脈硬化が起こりやすいという面があります。そのため、血圧、総コレステロール値、血糖値といったパラメーターを総合的に調節していくことがが大切になります。アダラートは古くから用いられている高血圧の治療薬として高脂血症患者や糖尿病患者での使用経験も豊富であり、アテローム性動脈硬化のリスクが高い患者に対しても安心して使用できるものとして頻用されるようになっています。高血圧の治療においてはアダラート以外にも多数の治療薬があるものの、そのどれを用いた場合にも基本的には血圧を一時的に低下させる作用しかありません。そのため、食事や運動といった面に着目して生活面からの治療を行っていくことも重要な点の一つなります。特に食生活が血圧に与える影響は大きく、食事療法は高血圧治療において中心的な役割を果たしています。その基本となるのはナトリウムの摂取量を減らし、カリウムの摂取を行うというものです。ナトリウムとカリウムのバランスを適切な状態にすることによって血圧を正常化していくことができると考えられているからであり、ナトリウム源となる食塩の摂取を控えたり、カリウム源となる野菜の摂取を積極的に行ったりすることによって血圧の改善を図っていくのが食事療法として標準的なものとなっています。