アダラートとお薬辞書

遮断薬やアダラートの服用時は料理レシピに注意

高血圧になると、血管に過剰な圧力がかかり、ストレスとなって血管を痛めます。それ脳卒中や心筋梗塞などの合併症が引き起こすわけです。さらに、高血圧等により動脈硬化が進んでしまうと、心臓に酸素や栄養を送るための血管も細くなるので、心臓の細胞は充分な栄養が供給されなくなると言えます。そうなると、胸全体に激痛が走るようになり、此れが狭心症と呼ばれる症状です。こうした高血圧や狭心症治療を目的として開発されたのがアダラートで、ニフェジピンを成分としています。当成分は、カルシウム拮抗薬の分類に入り、遮断薬とは異なった作用があります。カルシウムと血管の間には密接な関係があり、人体に存在するカルシウムの99%は骨になっています。そして、残りの1%が脳の記憶や運動機能の調整に使われており、生理作用には欠かせないものになっています。また、血管の収縮作用においても、カルシウムは重要な役割を担っており、血管の受容体に取り込まれることで血管が収縮するわけです。それ故、高血圧の場合、それだけ血管の収縮が激しくなり、症状が悪化すると言えます。そこで考えられる治療法は、以上の逆の作用を施すことで、カルシウムの受容体を阻止することで、遮断薬とは異なった作用で血管収縮を防ぎ、血管拡張につなげることが出来るわけです。その結果として、血圧を下げることができ、高血圧の治療が行えることになります。アダラートには、そうした作用があります。
高血圧治療においては、食事制限も重要になってきますが、特に塩分の取り過ぎは血圧を高めることになるので料理のレシピには十分注意が必要となります。また、アダラートや遮断薬等の薬はグレープフルーツ等との飲み合わせは禁忌となっているので、やはりレシピの検討が求められます。同様にカルシウムの摂り過ぎも、薬の効果を弱める場合があるので、医師の指導の下、料理のレシピを考えることが大切だと言えます。